電動式昇降デスク

2021年12月15日

昇降デスク

電動式昇降デスクの特徴

耐荷重 125Kg

パソコン作業ではなく、デスク上で組立などの現場作業を想定していますので、125㎏までの耐荷重があります。

電動で机が上下して作業者の身長に合わせることが可能です

作業者の身長はまちまちです。同じデスクでは、サイズが合いません。

電動で上下させ作業者の身長に合わせます。

机の下に人が入っている場合は安全装置が働きます

もしデスクを上下させている時人が下にいても安全装置が働き止まるように設計させております。

メモリ機能付きです

3人分のメモリが可能です。ボタン一つで設定した高さまで自動で動きます。

作業台について

作業台はあらゆるものづくりシーンで使用されるものですが、電動化はほとんど進んでおりません。ご紹介する昇降フレームユニットは、脚(コラムアクチュエータ)、フレームコントロールボックス、ハンドセットを含む、電動昇降のための機構部品一式です。現在ご使用中の天板か、別途ご購入頂きましたら、そのまま電動昇降作業台としてお使い頂けます。作業内容に応じて高さ調整が可能なので、作業効率の改善やオペレーターの方の健康維持に最適な製品です。

製造現場での困り事

・作業者にやさしい作業現場ですか
・腰痛で困っている人はいませんか
・身長の違う方々に作業台の高さは合っていますか
・座り作業により、眠気などで作業ミスはありませんか
・作業者の方の健康は維持できていますか
・電動式作業台は価格が高いと思っていませんか
・生産現場のレイアウト変更に対応できていますか

天板について

天板は既存の物が使用できます。または御提案することも可能です。

カタログ

カタログはこちら

仕様

◆昇降フレーム
JC35TS-R13S
最低位/最高位(mm) 575/1225
ストローク(mm)650
最大動作速度(mm/s)40
幅(mm)1080~1800
耐荷重(N)1250
音(dB)<5
このページの先頭へ戻る