印字検証機能付き ラベルプリンタ PX510CS

2021年12月8日

印字検証機能付き ラベルプリンタ  PX510CSの特徴

印字検証機能付き PX510CS

カメラ内蔵で印字後に印字不良がないか検証を致します

印字後にカメラにて印字不良がないかの確認をします。

不良がある場合には、NGの表示をしてお知らせします

不良があった場合は、”NG”の印字をラベルにして表示します。

300dpi/600dpiからヘッド密度を選べます

ヘッドは300dpiまたは高解像度の600dpiから選ぶことが可能です。

無駄の少ないラベルプリンタ―です

無駄のゼロを目指したプリンタです。

カタログ

カタログはこちら

 

仕様

印字方式ラインサーマル熱転写方式/感熱方式

搬送方法ローラフィード方式

印字ドット密度24dots/mm(609dpi相当)

(解像度)12dots/mm(300dpi相当)

通紙幅25mm~110mm

印字速度609dpi:MAX150mm/sec
300dpi:MAX200mm/sec

印字エリア(幅)最大103mm×(長)最大298mm

ラベル仕様紙管内径3インチ、ラベル外径φ200mm

導入時選択仕様オートカッター /剥離/RFID(HF/UHF)

オプション巻取機/剥離巻取機

インターフェースRS232C/USB2.0/LAN/デジタルI/O

入力電源AC100V±10%   50/60Hz±2Hz

消費電力動作時(最大)140W  2.0A
待機時(最大)30W  0.35A  ※305dpi仕様時

機器寸法W283×H334×D475mm(オートカッター仕様)

重量約20kg (オートカッター仕様)

このページの先頭へ戻る