コードソフト2022 WINDOWS11対応版

2022年9月13日

コードソフト 2022 ラベルデザインソフトウエアの特徴

codesoft2022

2022版の最大の変更点

 プリンターライセンスが追加になりました。

今までは何台でもコードソフトに紐づけ出来ましたが、2022版からはプリンターライセンスが必要です。
通常はソフトウエアを購入時には、1台分がついておりますが、2台、3台で運用しているお客様は追加のプリンタ―ライセンスが必要です。

 WINDOWS11への対応

WINDOWS11へ対応になりました。

その他の特徴

2021と大きな変更はありません。

フランスのTeklynx社のラベルデザインソフトウエアです

世界で使用されているラベルデザインソフトウエアです。

直感的に操作が可能です。

操作直感的に操作が可能です。

テキスト、1次元、2次元バーコード、画像、データインポート機能など

テキストデータ、バーコードデータはもちろん、エクセルなどのデータをインポートすることが可能です。

種類

1.Enterprise プリンタ―ドライバー付属タイプ

ラベルプリンタのドライバーがソフトに付属しています。

2.WIN WINDOWSドライバーを使用するタイプ

ラベルプリンタのWINDOWSドライバーを使用して発行します。

3.Runtime 出力専用タイプ

Eenterprise、Winで作成したデータを発行します。デザインはできません。

と3種類をご用意しております。

バージョンアップについて

Codedsoft V2021 バージョンアップがりますので、詳細は御問い合せください。

Codesoft V2015 バージョンアップがありますので、詳細は御問い合せください。

Codesoft V14 からバージョンアップ 2023年11月で終了です。

製品サポートは2024年11月で終了です。

カタログ

CS2022_catalog

直販サイト

 

このページの先頭へ戻る