高解像度 バーコード ラベルプリンタ BPZ436i / BPZ464i

2023年2月27日

BPZラベルプリンタ

BPZ436i / ​BPZ464i 高解像度 バーコード ラベルプリンタの特徴

長く使用できる堅牢メタルボディ

  1. メタルボディは一般的にプラスチックよりも頑丈で耐久性があります。 ラベルプリンタは作業場や倉庫などの厳しい環境で使用されることが多いため、堅牢なボディは衝撃や振動に対してより耐性を持ちます。 これにより、プリンタが長期間にわたって正常に機能し続けることが期待できます。
  2. メタルボディはプリンタの安定性を高めます。 プラスチックよりも重いため、プリンタが机や作業台にしっかりと固定され、動作中にずれたり倒れたりすることが少なくなります。 これにより、印刷品質の向上やトラブルの軽減につながります。
  3. メタルボディは内部の部品やメカニズムを保護します。 作業環境では衝撃や振動が発生することがあり、プラスチックボディでは内部の部品が破損する可能性があります。 一方、堅牢なメタルボディは内部の構造を保護し、プリンタの寿命を延ばす役割を果たします。

工業用ながらコンパクトなラベルプリンタ

無駄なスペースを作らないコンパクトな設計です。占有面積は W260 x L 403mm (A4 210X297mm) A4一枚程度です。

剥離オプション時の台紙巻き取り軸をあえて設けず最小サイズに特化しました。

​ヘッドは 300dpi/600dpi から選択可能です

300dpiヘッドについて

  1. 300 dpiは一般的な印字ヘッドの解像度であり、多くの一般的なラベル印刷作業に適しています。
  2. 文字やバーコードなどがクリアに印刷され、一般的なビジネス用途に十分な品質を提供できます。
  3. 600dpiと比べ解像度が低いため、印刷速度が向上することがあります。大量のラベルを迅速に印刷する必要がある場合に適しています。

600dpiヘッドについて

  1. 600 dpiはより高い解像度を提供し、細かいテキストや図形の印字に適しています。
  2. より高い解像度により、文字やイメージがより鮮明に印刷されます。細かいディテールや小さなフォントもクリアに表示されます。
  3. バーコードやQRコードの読み取り精度が向上します。小さなバーコードや高密度のバーコードを印刷する場合に優れたパフォーマンスを発揮します。
  4. 高解像度により、製品ラベルや特定の業界での高品質な印刷物(医療、化学、精密機器など)の要件を満たすことができます。

解像度 300 dpiまたは600 dpiである印字ヘッドの選択は

使用目的や印刷物の要件によって異なります。
一般的には、300 dpiは一般的なオフィス環境や小売業のラベル印刷に十分であり、600 dpiは高品質な印刷や高精度のバーコードが必要な特定の用途に適しています。
600dpiは、印刷ラベルからの切り替えやバーコードのサイズを細かく設定できますので、ラベルの最小化へ貢献します。

自己メンテナスが可能です

BPZ436i/464iは、ヘッド交換、プラテン交換はもちろん、オプションのカッターユニット、剥離ユニットの交換もドライバー1つで交換が可能です。(動画などご提供致します)
ヘッドの圧力調整、リボンのテンション調整などもユーザー様で出来る仕様になっております。
どうしてもメンテは、メーカー、販売店でというお客様は、スポット出張メンテ、センドバックメントも行います。

​極小ラベル印字 ラベル高さ4mmから印字可能(要印字テスト)

  1. 4mmの高さから印字できる能力により、非常に小さなラベルにも文字や記号を印字することができます。 たとえば、電子部品や医療機器などの小型製品に必要な微細なラベルへの対応が可能です。
  2. 小さなラベル上に印字することで、限られたスペース内に多くの情報を配置することができます。 製品の識別情報、バーコード、製造日付など、必要な情報を小さなラベルにまとめて表示できます。
  3. 小さなラベルにもクリアに印字できるため、情報の読み取りや識別が容易になります。 これは製品の追跡や在庫管理、品質管理などのプロセスにおいて重要です。
  4. 小さなラベルに印字できることで、余分なスペースを使わずに必要な情報だけを印刷できます。 これにより、ラベルの使用量を減らし、コスト削減ができます。
  5. 4mmの高さから印字できる能力は、特定の業界や用途において要求される場合があります。 例えば、電子部品業界や宝石や宝飾品業界では、小さなラベルにバーコードや製品情報や価格を印字する必要があります。

以上のようなメリットにより、バーコード ラベルプリンタが4mmの高さから印字可能であることは、小型ラベルや情報の効率的な配置、視認性の向上、節約と効率化、特定の用途への対応など、さまざまな利点をもたらします。
近年の動向としてラベルの貼るスペースの減少、コストダウンなどで極小ラベルへの移行が進んでおります。
極小ラベルの印字を検討しているお客様は一度ご検討しては如何でしょうか?

​ラベル替えを簡単に キャリブレーションボタンを装備

プリンタの後ろにキャリブレーションボタンを装備しております。ラべルの種類が多いお客様はラベルの切り替えに時間が掛かっていないでしょうか? ラベルを切り替えてボタンを押すと簡単にキャリブレーションが出来ます。

BPZ後ろ画像

​コスト削減 ラベルデザインソフト【Golabel2】が付属

ラベルデザインソフトは有名なメーカーであれば10万~20万円掛かります。GoDEXのプリンタなら専用のソフト”Golabel2”が付属しております。1次元バーコードはもちろん、QRコードなどの2次元バーコード、シリアルNO、エクセルのデータも取り込める仕様になっております。フォレストテック社のお客様のほとんどはこのデザインソフトGoLabel2を使用しております。

golabel画像

Golabel2の詳細はこちら

ケアラベルも印字可能

洗濯用ケアラベルも印字が可能です。

ロータリーカッターオプション使用で、ケアラベルのカットも可能です。

リボンもケアラベル専用インクリボンの御提案を致しますので、御気軽に御問い合せください。

後工程用表側アイマークで印字が可能

通常裏アイマークでのセンサー読取の多いラベルプリンタ―ですが、このBPZ464i / BPZ436i でしたら、表側に印字したアイマークをセンサーで読んで印字することが可能です。通常は、センサーの位置を表側に移する高額なカスタマイズが必要です。

印字後の後工程でラミネートをする場合、表面にもアイマークが必要な場合があります。その場合、表側にアイマークを印刷すればそれを読んで印字が適正な場所に印字が可能です。

表アイマーク印字 印字動画

BPZ バーコード ラベルプリンタ動画集

ラベル&リボンセット キャリブレーション動画

こちらでは、ラベルとリボンのセット方法及びキャリブレーションの動画になります。

 

BPZ464i 剥離オプション動画

小さいラベルので剥離のご要望が結構あります。動画では12mm、7mmの高さのラベルの剥離をを行っております。

     

 

カタログ

BPZ バーコード ラベルプリンタカタログ

【仕様】

機種 BPZ436i (300dpi) / BPZ464i (600dpi)
インターフェースUSB、イーサネット、RS-232C、WIFI(オプション)、Mini-Centronics
台紙幅25.4mm~118mm
ラベル外径最大ロール外形203mm、紙管 25.4mm~76mm
リボン幅 最大110mm、
リボン内外径リボン内径1インチ 450M巻き対応(最大76.2mm)
センサータイプ可動式透過センサー、可動式反射センサー
プリンタ言語GEPL,EZPL,GZPL,auto swich
電源Auto swiching AC100-240VA 50HZ-60hz
本体寸法 L403 x W260 x H274 mm
本体重量10.8Kg
使用温度5~40℃
付属ソフトウエアGoLabel
オプションカッター、剥離ユニット、外付けホルダー、WIFI

※ご案内なく仕様を変更する場合がございます。

BPZ前画像BPZ前2

このページの先頭へ戻る